インクリボン専用シュレッダーSS-14

静電気によりシュレッダー刃にまとわり付いていたインクリボンの裁断を実現!


あなたの職場は大丈夫?

会社、官庁、銀行、製造メーカー、防衛関係、研究機関等各現場で使用されている社員証、入館カード、学生証等の印刷時のインクリボンには印刷された情報がそのまま残っており、機密情報が消去される事無く、プラスチック個体のまま最終処分場で廃棄されています。
機密情報を読む事が可能な状態で運搬され、情報漏洩が発生する恐れがあります。
現在、カード発行現場でのインクリボン廃棄処理は、ほとんどの企業があいまいです。その大きな理由は、インクリボン専用シュレッダーが存在せず、一般的なシュレッダーで廃棄するため、リボンを細かく裁断をすると、破砕刃にインクリボンが静電気でまとわり付き、インクリボンの裁断が出来なくなる事、その際にインクリボンが刃に付着し刃が切れなくなり、刃の掃除をしなければなりません。

また、廃棄ボックスの内側にリボンが張り付き、掃除が非常に面倒だからです。

従って、インクリボンからの情報漏洩防止が出来ないままとなってしまいます。
当シュレッダーの特徴

SS-14は、リボンを裁断した後に掃除機の様なバキューム集塵機で紙パックに収納されるために、シュレッダー刃に静電気でまとわりつく事もなく、廃棄作業も楽になり、全ての問題が解決出来る唯一のインクリボン専用シュレッダーです。

本体とドア

ダストボックス

集塵されたダストボックス

断裁されたリボン屑

​※静電気で張り付く厄介者

カット屑を掃除機の様に紙パックに集塵。
​後片付けが非常に簡単。

操作パネルで簡単にオペレーション

© 2018 by M-Systems

株式会社エムシステム・ソリューションズ​

〒144-0051 東京都大田区西蒲田3-3-1 

電話:03-3753-5625 

​Email: isao-mirokuji@kra.biglobe.ne.jp